世界にたったひとつの家を建てるなら… 倉敷市の優良注文住宅会社セレクション » 岡山県の注文住宅業者ガイド16選 » 創宅

創宅

倉敷市で評判の注文住宅メーカー「創宅」について、住宅づくりの特色や工法、デザインなどについてリサーチしました。

創宅の概要

インテリアコーディネーターなど有資格者が多数在籍

地元で多数の分譲住宅を手掛けているのが創宅。モデルハウスは市内に複数あるのですが、特に週末オープンする無人展示場は気軽に見学することができます。販売価格をベースに、実際に足を運んで実物を見てみれば、自分たちの家づくりで大いに参考になるでしょう。

家づくりにおいては、社内の建築士とコーディネーターが施主と一緒に取り組むスタイル。注文住宅で自分たちの理想を形にしようとするなら、心強いと思います。施工においても自社による現場監理と施工体制が整っていて、スキルのしっかりした専属大工が工事を手掛けるのも安心できるポイントです。

他にも、インテリアコーディネーターやキッチンスペシャリストなど様々な有資格者がいて、これまでに2,000棟以上の施工実績を誇っています。

創宅が対応できる工法

創宅が対応できるデザインの種類

創宅の紹介事例

中庄駅東2号地 モデルハウス

安江9号地 モデルハウス

創宅の家づくりの特筆ポイント

木造軸組工法に最新技術を組み合わせた、オリジナルのハイブリッド耐震パネル工法を採用しています。

柱や梁や筋交いなどを組み合わせる在来工法に、2×4工法のパネルを使った面の強さを融合することで、より高い耐震性能を実現。これによって20年の長期保証も適用しています。

安心で快適な長期20年保証

創宅の特筆ポイントとして挙げられるのが、耐震等級3(最高等級)の家を建てられることです。耐震等級3は、耐震等級1の1.5倍の耐震性能に相当します。耐震等級1は、数百年に1度程度の確率で発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性です。創宅は信頼性の高い家を建てていることがわかります。

地震に強い家を建てられる理由は、日本の伝統的な工法である軸組工法に、ツーバイフォー工法の良い点を組み合わせた「ハイブリッド耐震パネル工法」を採用しているから。具体的には、高性能耐震パネル「ダイライト」を外周全面に貼ることで地震に強い家を実現しています。この工法で地震に強くなる理由は、家にかかった力を面全体で支えられるからです。ハイブリッド耐震パネル工法で作った家の強さは、実物大の家屋を作り阪神淡路大震災と同じ振動を加えた実験で確かめられています。

ハイブリッド耐震パネル工法のほか、耐震性と制振性に優れるDIT制振筋交い金物、柱の断面欠損を最小限に抑えることで強度を高く保つピン工法を採用することでも耐震性を高めています。建物の強さに自信があるので、創宅は20年保証(有償メンテナンス更新不用)を用意しています。安心・安全の家を建てられるといえるでしょう。

発砲断熱材で光熱費削減

同じく、創宅の特筆ポイントとして挙げられるのが、断熱性能の高い家を建てられることです。断熱性の高い家は、冷暖房の熱損失が少ないので光熱費の削減につながります。旧省エネの家と創宅の家の冷暖房費を比べると、2分の1以下(年間10万円)になる可能性があります。

夏は涼しく冬は暖かい家を建てられる理由は、吹き付け発泡断熱材を使用しているから。この断熱材の特徴は、発泡することで住宅にピッタリ密着することと吹付で隙間なく施工できることです。そのため、断熱性と気密性の高い住宅が実現できるのです。もちろん、繊維系断熱材も高い断熱性や気密性を誇りますが、うまく施工できていないと断熱性能は50%以下まで落ちます。具体的には、施工する空間と断熱材のサイズがあっていない場合などで断熱性能は落ちます。住宅に隙間なく施工できる吹き付け発泡断熱材であれば、このような心配はありません。

吹き付け発泡断熱材のもう一つの魅力として挙げられるのが、長期間にわたり断熱性と気密性を維持しやすい点です。吹き付け発泡断熱材には自己密着力があるので、簡単にははがれません。いつまでも快適な室内空間を保てる点は大きなメリットといえるでしょう。

耐久性の高い家づくり

以上のほかでは、耐久性の高い家づくりを行っている点も創宅の特筆ポイントとして挙げられます。創宅の耐久性と耐震性の高い家は、長期優良住宅の性能基準をクリアしています。定期的にメンテナンスを行えば、世代を超えて住める家になるはずです。

耐久性の高い家づくりでポイントとなっているのが、ハイブリッド耐震パネル工法で紹介した高性能耐震パネル「ダイライト」です。ダイライトは、様々な試験で優れた耐久性が確認されています。また、シロアリのエサとなる成分を含んでいないのでシロアリに強いことも確認されています。優れた耐久性能を誇る建材を使用しているので、長年にわたり安心して住み続けることが出来るのです。

もう一つのポイントとして挙げられるのが縦桟工法です。縦桟工法は、瓦を固定する桟を縦と横に設置する工法です。この工法のメリットは、瓦がずれにくくなることと瓦の下に雨水が溜まりにくくなることです。雨水が溜まりにくくなる理由は、縦桟により排水が促されるから。この特徴により、縦木やくぎの腐食を防ぐことができます。目立つ箇所ではありませんが、耐久性の高い家を作る重要なポイントです。

創宅は、高性能耐震パネル「ダイライト」や縦桟工法を採用することなどで耐久性の高い家を建てています。いつまでも安心して住める家を建てたい方にオススメの工務店といえるでしょう。

創宅の会社情報

創宅の展示場情報

展示場 大島B 4号地(無人展示場)
所在地 岡山県倉敷市大島135-1他(他無人展示場あり、成約次第公開終了)
アクセス JR倉敷駅から自転車で約10分
営業時間 毎週土曜・日曜10:00~18:00
定休日 平日・祝日
ひのき住宅
  • 対応可能な工法の数:5
  • ローコストプラン
  • 保証期間60年
公式サイトを見る
創宅
  • 対応可能な工法の数:3
  • ローコストプラン
  • 保証期間20年
公式サイトを見る
川上建設
  • 対応可能な工法の数:2
  • ローコストプラン
  • 保証期間10年
公式サイトを見る
倉敷市の優良注文住宅会社5選
サイドカラム事例写真
引用元HP:ひのき住宅公式サイト(http://www.hinoki-j.jp/c_sekourei2/)

“完全自由設計対応”、“土地情報保有”の2つの条件を満たす、倉敷市を施工エリアとする注文住宅会社を5社ピックアップ。あなたの理想の家を建ててくれるのはどの会社?

詳細はこちら
サイトマップ